実技(Javaプログラミング実習1)⑨

1.多次元配列
2.線形サーチ
2,3,9が要素のint型配列を用意し、ユーザーが入力した値がそのどれかであった場合に「アタリ」そうでない場合に「ハズレ」と出力される処理をかけ
[実行例]
一桁の数字を入力してください>5 [enter]
ハズレ
[実行例]

import java.util.*;
public class Sample{
	public static void main(String[] args){	
		int[] numbers={2,3,9};
		System.out.print("一桁の数値を入力してください>");
		int input=new Scanner(System.in).nextInt();
		/*
		 線形サーチ
		 要素を端から順番に確かめていってfor文が回りきった場合になかったと判定する処理
		 */
		int i=0;
		for(;i<numbers.length;i++){
			if(numbers[i]==input){
				System.out.println("アタリ");
				break;
			}
		}
		if(i==numbers.length){
			System.out.println("ハズレ");
		}
	}
}


3.二次元配列、2重forループ
int[][] data={{2,3},{3,4,5},{5,6,7}};
という2次元配列を使っていかのような出力を得よ
[実行例]

{
{2,3,},
{3,4,5,},
{5,6,7,},
}

[解答例]

public class Sample{
	public static void main(String[] args){	
		int[][] data={{2,3},{3,4,5},{5,6,7}};
		System.out.println("{");
		for(int i=0;i<data.length;i++){
			System.out.print("{");
			for(int j=0;j<data[i].length;j++){
				System.out.print(data[i][j]+",");
			}
			System.out.println("},");
		}
		System.out.println("}");
	}
}

4.テスト実施
5.テスト解説