実技(チーム開発実習)8

1.vimtutor
2.Git演習
3.Git演習
4.GitHub
5.GitHub

1.平田(欠席),府中(遅刻)
2.平田(欠席)
3.”
4.”
5.”
平田

●リポジトリを初期化

$ mkdir git-tutorial
$ cd git-tutorial
$ git init

●リポジトリの状態を確認

$ git status

●コマンドでファイル作成

$ touch README.md

●ステージ領域にファイルを追加

$ git add README.md

●commit

$ git commit -m "First commit"

●ログを確認

$ git log

●ログにファイルの差分も表示

$ git log -p

●グラフ確認

$ git log --graph

●グラフ表示のショートカットコマンド登録(以降はgit graphでOK)

$ git config --global alias.graph "log --graph --date-order --all --pretty=format:'%h %Cred%d %Cgreen%ad %Cblue%cn %Creset%s' --date=short"

●設定確認

$ git config --list

ファイルに変更を加える

$ vi README.md

1行追記して保存

# Gitチュートリアル

●作業ディレクトリとステージの差分表示

$ git diff

●ステージにadd

$ git add .

●作業ディレクトリと最新コミットとの差分表示

$ git diff HEAD

●commit

$ git commit -m "Add index"

●確認

$ git graph

ブランチ

$ git branch

●ブランチ作成してチェックアウト

$ git checkout -b feature-A

●README.mdを変更

# Gitチュートリアル
- feature-A

●add

git add .

●commit

git commit -m"Add feature-A"

●マスターブランチに戻る

git checkout master

●直前のブランチに戻る

git checkout -

マージ

●まずはmasterにチェックアウト

git checkout master

●merge

git merge --no-ff feature-A

GitHub

1.アカウントの作成
https://github.com/join

2.SSH keyの作成

$ ssh-keygen -t rsa -C "Your_email@example.com"
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/(username)/.ssh/id_rsa):エンター
Enter passphrase (empty for no passphrase):パスワードを入力
Enter same passphrase again:再度パスワードを入力

id_rsa(秘密鍵),
id_rsa.pub(公開鍵)が作成される

3.GitHubに公開鍵を登録する
https://github.com/settings/ssh
画面右上の「Add SSH key」のボタンを押す。
[title」に公開鍵名(適当)、「key」に公開鍵の中身を入れる。
公開鍵の中身は

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub
ssh-rsa 公開鍵の内容 your_email@example.com

4.鍵の登録が終わったら接続してみる

$ ssh -T git@github.com
*********
*********
Are you sure you want to continue connectiong(yes/no)? yesと入力

Hi (account名)! You’ve successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.
と出れば成功

リモートリポジトリの設定

$ git remote add origin [sshのアドレス]

●リモートに送信

$ git remote add origin [sshのアドレス]

● リモートにプッシュ

$ git push -u origin master

●クローン

$ git clone git@github.com:joytasnet/git-tutorial2.git