1.ArrayListを使って以下の実行結果を得よ
[実行結果]
ArrayListを使ってみよう!
Listに数字をどんどん追加していってみよう。
要素追加するよ数字を入れてね(0で終了):3
3をListに追加したよ!
要素追加するよ数字を入れてね(0で終了):5
5をListに追加したよ!
要素追加するよ数字を入れてね(0で終了):7
7をListに追加したよ!
要素追加するよ数字を入れてね(0で終了):0
——結果——
要素数:3
要素:3,5,7,
[解答例]

import java.util.ArrayList;
import java.util.Scanner;

public class ArrayListLesson {
	public static void main(String[] args) {
		System.out.println("ArrayListを使ってみよう!");
		System.out.println("Listに数字をどんどん追加していってみよう。");
		Scanner scan=new Scanner(System.in);
		ArrayList<Integer> list=new ArrayList<>();
		while(true){
			System.out.print("要素追加するよ数字を入れてね(0で終了):");
			int num=scan.nextInt();
			if(num == 0){
				break;
			}
			list.add(num);
			System.out.println(num+"をListに追加したよ!");
		}
		System.out.println("------結果------");
		System.out.println("要素数:"+list.size());
		System.out.print("要素:");
		for(int num:list){
			System.out.print(num+",");
		}
		scan.close();
	}
}

2.以前に作成したSlimeクラスをListに追加して以下の処理を実現しよう。
[実行例]
ArrayListを使ってみよう!
Listにスライムを追加していってみよう。
スライムを追加する?(1…yes,2…no):1
追加するスライムの名前を決めてね:スラリン
スラリンが現れた!!
スライムを追加する?(1…yes,2…no):1
追加するスライムの名前を決めてね:スラキチ
スラキチが現れた!!
スライムを追加する?(1…yes,2…no):1
追加するスライムの名前を決めてね:スラオ
スラオが現れた!!
スライムを追加する?(1…yes,2…no):2
スラリンの攻撃:5ポイントのダメージを与えた!
スラキチの攻撃:5ポイントのダメージを与えた!
スラオの攻撃:5ポイントのダメージを与えた!

import java.util.ArrayList;
import java.util.Scanner;

public class ArrayListLesson2 {
	public static void main(String[] args) {
		System.out.println("ArrayListを使ってみよう!");
		System.out.println("Listにスライムを追加していってみよう。");
		Scanner scan=new Scanner(System.in);
		ArrayList<Slime> slimeList=new ArrayList<>();
		while(true){
			System.out.print("スライムを追加する?(1...yes,2...no):");
			int num=scan.nextInt();
			if(num==2){
				break;
			}
			System.out.print("追加するスライムの名前を決めてね:");
			String name=scan.next();
			Slime slime=new Slime(name);
			slime.appear();
			slimeList.add(slime);
			
		}
		for(Slime slime:slimeList){
			slime.attack();
		}
		scan.close();
	}
}