今回はネコ歩きゲームを作成しよう。ネコが無事に通り抜けられるようにアシストするゲームだ。

まずはいつものように新しいプロジェクトを作成して、背景をblue Sky2にする。

背景を2トーンにしたいので、背景を編集しよう。

「追加」を押して、背景を追加する。blue sky3を追加する。

重なって表示されているblue sky3のツマミを調整することで2トーンの背景ができた。

落ちてくる天井を作りたいので、新規にスプライトを作成しよう。

筆のマークで新規スプライトを作成し

まずは右下ベクターモードを選択、その後、色を選択し、四角形を描く、横幅はステージ幅いっぱいの480にする。(縦は250くらい)

今作成した、スプライトと猫ちゃんのスプライトを図のように配置する。

まずは猫ちゃんのスクリプトを作成しよう。

図のように配置して実行してみよう。猫ちゃんが画面を横断していくはずだ。

次に落ちてくる天井を作成する。先ほど作成した天井スプライトにスクリプトを記述する。

図のように配置して実行してみよう。迫り来る天井が表現出来たはずだ。

このままでは猫ちゃんが押しつぶされてしまう。救済アイテムを作ろう。

Arrow1スプライトを配置し、コスチュームから上むき矢印を選ぶ。

そしてスクリプトを追加する。

 

画面下半分からランダムに発生し、クリックすると上昇を始めるスクリプトだ。あとはこの矢印に天井を持ち上げる処理を加えよう。天井にスクリプトを追記する。

Arrow1に触れたらの部分を追記する。これで天井が矢印に触れている間持ち上がる。

次に天井に触れたら、終了の処理をいれる。

まずは、猫ちゃんにendメッセージを発信してもらう。

色は天井のブルーを選択する。「送って待つ」はメッセージ発信後、それを受け取ったすべてのスクリプトの終了待ってから処理を続けることができる。

endメッセージを受けっとたら表示されるGameOverスプライトを作成しよう。

新しいスプライトから、ベクターモードを選択し、Game Overという文字を入力した。色は白、フォントはScratchにした。

GameOverスプライトにスクリプトを追加する。

これで、天井にぶつかった時、GameOverと表示される処理ができた。

同じように、画面右端まで無事通り抜けらたら、ThankYouメッセージを発信しよう。

まずは猫ちゃんのスクリプトに以下を追記する。

thankyouメッセージを送って、自分自身を消そう。

先ほどと同様にThank You スプライトを作成し、スクリプトを付与すれば完成だ。

 

[今回の完成版]

[今回のプロジェクト]
https://scratch.mit.edu/projects/167143712/