前回レビューをアップした、MacBook Pro2016のキーボードカバー
使用して1週間くらいはなんの不満もなく使えていたのだが、
今は外してしまった。その理由を書く。
一点目として、伸びてしまったことだ。伸びた状態で打っていると真ん中部分が盛り上がってきてNキーの反応が鈍くなる。伸びを直せば大丈夫なのだがやはり面倒だ。

このように浮かび上がってくる。

 

そして、二点目。
季節のせいもあるかもしれないが、未装着に比べてかなり本体が熱くなる。気のせいかと思いつけたり外したりしてみたがカバーをつけた時のが確実に熱い、キーボードのキーの隙間からの排熱は無視できないようだ。

以上二点の理由で残念ながら外される運命となってしまった。出番は静寂を求められる空間でタイピングをしなければならない時だけとなるだろう。

また、埃の心配と、ペチペチキーボードに逆戻りだ。

で、驚いたのだがどうやらこの前発売された2017年モデルでは、キーボードが改善されたらしい。
https://corriente.top/post-44905/

打鍵感もそうだが、やはり埃の混入によってキーが効かなくなる不具合はさすがにまずいと思ったのだろう。

リコール的な扱いで、2016年モデルにも新しいキーボードを装着してもらえることがあればいいのだが・・・
[その通りになりました]

MacBook Pro15 無料キーボード交換プログラム体験

これからMacBook Proの購入を考えている人はそこらへんのことも考慮にいれるとよいだろう。