以前にプルリクエストをしたリポジトリが活発でどんどん更新が進んでいる。
それに対してFork & Cloneした自分のリポジトリは遅れてしまっている。

今回はそういった場合のFork元となったリポジトリに自分の環境を追いつかせる手順を解説する。

新規にリモートADD

Fork元のリポジトリのsshをコピー

ローカルリポジトリに行ってremote add

このfork元となったリポジトリを参照できるようにremote addする。
remote名はなんでもよいが今回はjoytasとする。

$ git remote add joytas git@github.com:joytasnet/pullreq.git

最新の状態をFetch

Fetchは日本語にすると「行って取ってくる」イメージだ。
新たに設定したリモートjoytasから情報をまるっと持ってきてしまおう。

$ git fetch joytas

ブランチの確認

参照できるブランチを確認しよう。リモートととして登録したjoytasのマスターブランチが参照できることがわかる。

$ git branch -a

ローカルリポジトリの更新

ローカル環境のマスターブランチを最新の状態にしよう。
まずはmasterブランチにチェックアウトをする

$ git checkout master

そしてマージする

$ git merge joytas/master

最新の状態が取り込めた!

Forkしたリポジトリも更新

最後にForkしたGithubにある自分のリポジトリも最新にしておこう

$ git push

以上でFork元の最新の状態に合わせる一連の手続きの完了だ。