現在はAtomやVisualStudio Codeなど無料で高機能なエディタが複数存在している実にいい時代だ。しかし、エンジニアは結局Vimが必要な局面がくる。ターミナルからの処理が必要になったときにVimをさわれるか、さわれないかでは大きな違いが生まれる。その時のために少しずつVimにも慣れていこう。

Vimtutor

まずはなんといってもvimに内蔵されているvimtutorを繰り返し練習しよう。
vimが使える環境を整えたらターミナルから以下のように入力してみよう。

$ vimtutor

公式だけあって無駄なく無理なく馴染んでいくことができる。全部をこなすのに最初は30分くらい、慣れてきたら10分くらいだろうか?1週間も練習していれば最低限の動きはできるようになる。

The 練習

一通り操作を覚えたら練習あるのみだ。最初は日記をvimで書くくらいから初めてそこからプログラムソースを書く際にも使ってみるとよいだろう。幸いネット上にもとてもよい記事がたくさん存在している。以下にリンクを張っておく。

Vimを使うにあたっての心構え
面白いしためになる
実践vimより
vimを瞬時に最強エディタに変えるbコマンド
いまさらだけどGitを基本から分かりやすくまとめてみた
もうこれでVIM学習は最後にしよう! VIMチュートリアルと入門

Let’s チャレンジ

慣れてきたら以下のお題に挑戦してみよう。下に貼ってある画像の内容をVimで完成させる。まずは5分以内が目標だ。3分を切れたら君もVimmerの仲間入りだ。

挑戦者の記録

2019/11/22(2019/6コース)N氏5分50秒
2020/01/31(2020/12コース)N氏1分34秒