[ミッション7]

前回学んだif文の練習だ。

今までは一本道だったが今回からルートの分岐がある。

どのように進めばゴールできるか、まずはいつものようにおじさんの気持ちになって考えて見る。

まっすぐ*4、右を向く、まっすぐ*4、右を向く、まっすぐ*2、右を向く、まっすぐ*2

こんな感じで到着できそうだ。

5ブロックしか使ってはいけないので当然繰り返し文とif文を使うこととなる。

ちなみにこのifブロック

右にある三角をクリックすることで選択肢が表示される。

今回は3つの選択肢から選べるようだ。

以上を踏まえた上で考えてみよう。

おじさんは

「基本的にはまっすぐ進むのだが、右に曲がれるところでは曲がる。」

という行動をとればよいことがわかる。

こんな感じに組めただろうか?(まっすぐ進むはifブロックの上においてもよい)

[ミッション8]

さて今回は右にも左にも曲がる。この場合はどうしたらよいだろう・・・

基本的にまっすぐ進むのは同じだ。ただ、左に曲がれたら左を向き、右に曲がれたら右を向くという行動をとればよいことがわかる。

ifブロックを2つ使うことがポイントだ。実際のプログラミングでもif文を複数使って様々に分岐していくことが多い。

もし~ならば〜する

if文はとても重要だ。しっかり使いこなせるようにしていこう!